前へ
次へ

転職は営業求人の内容を吟味してから

転職は、3年という経験を積んでからのほうが、それを活かしてキャリアアップができます。
そうなれば、異業種より同種が望ましいでしょう。
さらに同じ商材を扱っているならキャリアアップも図れるでしょう。
しかし、企業そのものは決して同じではありません。
営業活動の方針も違いますし、何より社長のスタイルが大きく異なります。
例えば、個人成績で成り上がりをした社長が起業したのなら、そうしたノルマありきの活動かもしれませんし、逆に、それを反映してチームで活動するかもしれません。
新規開拓というのも営業求人にはありますが、新規アポ取りを代行会社が行うシステムも開拓されていて、営業マンとしては興味を持たれたところに訪問するので、アポ取りが苦手でも案ずることはないでしょう。
今の営業求人の数は平均して多くも少なくもなく、そして業務内容も効率・合理化できることが謳われています。
もちろん、効率化・合理性であれば、社員の誰もが活かせるシステムなのでしょう。
それでも不安ならば、提案型の営業など、部署の異動も考えてからでも転職は遅くはないかもしれません。

Page Top